スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上へ上へと

Category : 未分類
今日は風が吹いて、ちょっぴり寒い陽気だった。
桜も季節も終わりを迎え、代わりの花が春を感じさせてくれる。

半年ぶりに大学裏手にあるお気に入りの散歩道を歩いていると見つけた黄色い花々。
季節ごとに違う顔を見せてくれるこの小路は歩いていて飽きない。

次はどんな季節を運んできてくれるのだろうか。

DSC_4702.jpg
花から綿毛へと姿を変える蒲公英


DSC_4718.jpg
まだ葉を付けていない木を背景に菜の花が咲き誇る
スポンサーサイト

時は過ぎる

Category : 未分類
葉桜が好きだ!
白やピンク一色の満開の桜も素敵だけれど、葉桜の方が生命の力を感じる。
“終わり”を表すだけでなく、“始まり”を告げる花でもあるから眺めていると自分も頑張ろうという気持ちになれる。

DSC_4651.jpg

リオロチャ

Category : 未分類
DSC_1471.jpg
コチャバンバの街をはしるリオロチャ

家からオフィスへ、毎日通う途中にリオロチャという川がある。
この川によってコチャバンバは南北に二分され、北部には富裕層が多く住んでいる。

遠くから眺める分には綺麗な川だが、近寄ってみるとすえた匂いが鼻をつく。

理由は生活排水が垂れ流されているからだ。
分別以前のゴミのポイ捨てが日常化している途上国クオリティに加えて、車やトラックが川の中で洗車を行っている。
さらに信じられないのは、この川の水を使って畑で採れた野菜を洗っていることだ。

毒素にまみれた食事によって、肝炎や食中毒にかかる人たちが後を絶えないという。
市民の意識を根本的に変えることが唯一の浄化方法だが、住んでいる実感として数年かかっても変わるかどうかわからない。

ボリビアの伝統行事KOA

Category : 未分類
毎月第一金曜日、ボリビアではコア(KOA)という行事が行われる。

炭とともにコカの葉やりんご、バナナ、リャマの毛、お金、砂糖などを燃やし、
大地の神パチャママにお祈りをする。ビールやワインも捧げものとして、この火にくべる。
雑多なものを燃やしているせいで、粘り気のある燃え後からは鼻をつくような複雑な匂いが立ち込める。

悪いモノを追い払うために、上がった煙は家の中に招き入れる。
午前2時までこの状態を続けるのだという。
燃え終わった捧げ物は、翌朝木の根元に埋めるそうだ。


どことなく日本のお盆に似ていると感じた。

DSC_1411.jpg
立ち上る煙を家中に巡らします

オキナワでの年越し

Category : 未分類
ボリビアにもオキナワが存在する。

第二次世界大戦後、荒廃した沖縄から新天地を求めて1954年、第一次入植者が始まった。
現在では、サンタクルスの北東約40~90kmの地点に3つの部落に分かれてボリビア人と日系人が共存している。


年末年始、このコロニアオキナワを訪問した。
ボリビア第二の都市サンタクルスから、車で1時間半。オキナワ第一移住地は街道沿いに商店の並ぶ小さな村落だ。

オキナワといっても、日系人の数はボリビア人の一割にも満たない。
年末ということもあり、街道沿いを歩いてもほとんど日本人を見かけなかった。時折見かける日系人も年始の準備でばたばたと忙しくしている。年末を日本人と話して過ごすという計画は、脆くも崩れ去った。

偶然出会ったJICA隊員の話によると、
年が明ける深夜12時頃になると若い日系人が集まって花火を打ち上げるそうだ。

12時前にオキナワの中心、プラサに行くと、ボリビアの青年たちが爆竹で遊んでいた。
花火と違って、この手の爆竹は強烈な音と光を発するので、かなり怖い。

遅れて到着した日系人たちは、これでもかという程に用意した打ち上げ花火に火をつける。
爆竹やファイヤーワークスとは違う日本の花火を、新しい年の初めに眺めるのは新鮮だった。
ボリビアではクリスマスは家族と、新年は友人と過ごすと言われるが、この時も花火の打ち上げに集まったのは若者ばかりだった。

DSC_1342.jpg
月が明るく綺麗な新年の夜


翌朝、日系の方々の新年会にお邪魔した。
以前は数十軒訪ねていた親戚回りに代えて、新年会を開くことで済ませてしまおうという狙いがあるらしい。会に遅れて来た者は全員に挨拶回りをするのがボリビアの文化であり、いつまで経っても新年の挨拶が終わらない。

三線の演奏やフォルクローレの踊りがプログラムに組み込まれていたり、
料理の豚肉も沖縄風とボリビアの味付けがあったりと、二つの文化が入り混じっている。

ボリビアオキナワ県人会の宮城さんによると、
「ペルーやブラジル、アルゼンチンといった先輩入植地と比べると、オキナワはまだ60年ばかりで歴史も浅い。だからこそ、沖縄の文化が未だに色濃く残っており、沖縄とボリビアの文化が混ざり独特の社会を形成している。」

ボリビアで生まれ育ってはいるが、ルーツは沖縄にある。そのことを意識した上で、どちらの文化も大切にすればこそボリビアの中のオキナワに価値が見えてくる。彼らを見ていると本当の異文化理解というのは自分自身を知ることで初めて為されるのではないかと考えさせられる。


DSC_1396.jpg
三線愛好会による演奏
プロフィール

TAI

Author:TAI
出来ないことにチャレンジするのが好き。
でも、たいていはナマケモノ。
カメラを通じて社会問題を捉えたい!

長倉洋海さん
青山裕企さん
とっても尊敬しています。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。